馬込川水系

馬込川,芳川,御陣屋川,北裏川

TOP川の紹介 > 基本情報

基本情報

水系名

馬込川水系(まごめがわすいけい)

河川ごとの紹介

馬込川(まごめがわ)
[延長]23,230m
[起点]本村川合流点
[終点]海に至る

芳川(ほうがわ)
[延長]9,520m
【左岸】
[起点]浜松市上新屋町1番の3地先(浜松市東区上新屋町1番の3地先)
[終点]馬込川への合流点
【右岸】
[起点]浜松市中田町169番地先(浜松市東区中田町169番地先)
[終点]馬込川への合流点

御陣屋川(ごじんやがわ)
[延長]3,690m
[起点]浜北市平口2439番の1地先の湧水池(浜松市浜北区平口2439番の1地先の湧水池)
[終点]馬込川への合流点

北裏川(きたうらがわ)
[延長]1,220m
【左岸】
[起点]浜松市飯田町357番地先(浜松市南区飯田町357番地先)
[終点]芳川への合流点
【右岸】
[起点]浜松市大浦町454番地先
[終点]芳川への合流点

流域の概要

馬込川は、浜松市をほぼ北から南へ貫流し、右岸から御陣屋川、左岸から芳川の2つの支川を合わせて遠州灘に注ぐ流路延長23.2km、流域面積105.2km2の二級河川である。
流域の全面積に占める市街地の割合は約70%にわたり、馬込川中流部は浜松市の中心市街地を流れている。
馬込川水系の各河川は、天竜川が形成した扇状地状の沖積平野を流下する。平坦な平野部を流れるため渓流・渓谷はみられず、勾配も平均して1/1,000と緩やかである。
また、馬込川最下流部には、河口閉塞を防ぐ目的で導流堤が設置されており、ここから遠州灘へ直接放流している。
名前の由来としては、馬込の地に馬込橋を架けたことにより馬込川になったとも言われている。

馬込川水系各河川の概要
流域面積 105.2km2
流路延長 馬込川 23.2km
芳川 9.5km
御陣屋川 3.7km
北裏川 1.2km

 馬込川流域位置図
馬込川流域位置図