興津川水系

興津川,小河内川,中一色川,中河内川,神沢原川,湯沢川,布沢川,黒川,石沢川

TOPレジャー > 水辺に親しむ

水辺に親しむ

興津川流域には、河口から上流にかけて護岸や親水公園が整備されています。興津東町緑地や清水承元寺緑地では階段護岸が整備され、水辺に降りられるようになっています。

興津東町緑地の階段護岸の写真
興津東町緑地の階段護岸

清水承元寺緑地の階段護岸の写真
清水承元寺緑地の階段護岸

バーベキュー

興津川には多くの箇所にキャンプ場が整備され、夏期には多くの市民がキャンプに訪れるなど、釣り・魚とり、バーベキュー、水泳などの身近な親水空間としての利用が盛んに行われています。


西里キャンプ場          バーベキュー(布沢川合流点付近)

釣り

興津川水系は、静岡市以東の地域で最も早くアユ釣りが解禁されます。アユ釣りのメッカとして多くの人々に親しまれ、年間約10万人の釣り客が訪れています。

釣り(清水市茂野島地先)の写真釣り(清水区茂野島地先)

釣り(井上町緑地付近)の写真
釣り(井上町緑地付近)

和田島少年自然の家

興津川中流部には静岡市清水和田島少年自然の家があり、市内の小中学校の学校行事として自然観察学習を実施しています。
その中では、興津川沿いの自然環境を利用した「少年自然の家自然観察コース」を設定し、観察や体験学習が行われています。

環境活動とリバーフレンドシップ

興津川では、河川環境の保全と創造を目的として、「清水市興津川の保全に関する条例」(平成5年10月施行)、「興津川保全市民会議」(平成6年8月発足)が施行、発足され、行政と市民・企業・団体が一体となって活動を行っています。
また、興津川ではリバーフレンドシップとして河川清掃や除草、草花の植栽等の活動が行われています。