巴川水系

巴川,大沢川,山原川,塩田川,草薙川,継川,瀬名新川,吉田川,長尾川,則沢川,大谷川放水路,大慈悲院川,小鹿沢川,大谷川,長沢川,浅畑川,七曲川

TOP治水・利水 > 総合治水対策

総合治水対策

巴川は昭和30年代から急激に人口が増え、市街地が増大することに伴って洪水が頻繁に起き、被害が甚大になりました。そこで、全国に先駆けて「流域も含めた治水」という総合治水対策を進めています。
総合治水対策とは、急激に市街化が進んでいる都市河川における緊急的な治水対策のことです。巴川は、昭和53年に全国で最初の総合治水特定河川に選ばれています。

総合治水対策のイメージ

総合治水対策のイメージ画像

主な治水対策として、川の幅を広げる工事や水路を作って雨水を逃がしたり、途中で貯水できる遊水地を作る工事をしました。行政と住民で協力し、水害に強い街づくりを行っています。

総合的な治水対策

総合的な治水対策

昭和57年から平成11年にかけて整備された内容は次の表の通りです。

整備進捗状況

総合治水対策の整備進捗状況(平成19年度末現在)
事業 流域整備計画(昭和57年度)
【1期計画】
新流域整備計画(平成11年度)
【2期計画】
計画 時間雨量58mm
(概ね1/5確率規模)
時間雨量69mm
(概ね1/10確率規模)
河川整備 巴川下流 河道拡幅→完了 巴川下流 浚渫→完了
放水路 大谷川放水路 開削→完了 大谷川放水路 底張工→実施
遊水地 麻機遊水地 第4工区→完了
第3工区→ 完了
麻機遊水地 第1工区→実施中
大内遊水地→完了
麻機遊水地 第2工区→未着手
流域対策
雨水貯留施設
での総貯留量
目標9.6万m3→達成 目標86万m3→ 実施中

巴川の治水計画は段階的に着実な整備を進めています。

巴川流域の段階的な整備

巴川流域の段階的な整備