巴川水系

巴川,大沢川,山原川,塩田川,草薙川,継川,瀬名新川,吉田川,長尾川,則沢川,大谷川放水路,大慈悲院川,小鹿沢川,大谷川,長沢川,浅畑川,七曲川

TOP自然 > 巴川上流部の動植物

巴川上流部の動植物

巴川の14.0kmより上流部は、他の中下流部よりも傾斜がきつくなっています。また、蛇行しているため、瀬や淵などがあり、河床は小石などで構成されています。
魚類では、流れの速い場所に多いタカハヤや、オオヨシノボリなどが見られます。現在、「まもりたい静岡県の野生生物」において絶滅危惧種に位置づけられている魚類は確認されていません。
鳥類では、谷沿いの林に生息するオオルリなどが見られます。
植物では、岩の間に生育するセキショウ、水際に生育するツルヨシなどが見られます。

タカハヤの写真タカハヤ

オオヨシノボリの写真オオヨシノボリ