巴川水系

巴川,大沢川,山原川,塩田川,草薙川,継川,瀬名新川,吉田川,長尾川,則沢川,大谷川放水路,大慈悲院川,小鹿沢川,大谷川,長沢川,浅畑川,七曲川

TOP自然 > 巴川下流部の動植物

巴川下流部の動植物

河口から能島橋(5.0km)の下流部は、海の潮汐(潮の満ち干き)の影響を受けています。この区域から海水を含まない区域にかけて、ボラやマハゼなどが見られます。
海水を含む区域では、魚類のチチブ、ヒナハゼ、ヒメハゼなどが見られます。鳥類では、水面及び水中で魚を捕食するユリカモメやカワウなどが見られます。
また下流部は、コンクリートなどで護岸が整備がされているため、植物は多くありません。
しかし千歳橋上流右岸には、ヨシ群落が見られ、その下流に干潟のような水深の浅い、多様な生態系が育まれています。
そこでは、カワアナゴやオカメハゼといったカワアナゴ類、マハゼ、ヌマチチブ、ゴクラクハゼなどの多くのハゼ類といった魚類も見られます。

マハゼの写真マハゼ

カワウの写真カワウ